海洋建築工学科について

進路・就職

時代に即した就職支援プログラムと日本大学の強固なOB・OGネットワークにより、
毎年100%の就職率を達成しています。
経済動向により大きく変化する就職環境への対応と、早期に自己の将来像を確立させることを目的に、2年生より授業カリキュラムとしてキャリアデザインの講座を実施しています。建設業を志望する学生向けには本学建築学科との共催による巨大なOB・OGネットワークを活かしたイベントを、海洋・海洋建設関連業を志望する学生向けには学科独自開催による海建OB・OGとの懇談会を開催し、優良企業と学生を有機的につないでいます。その他にも複数回のガイダンスと業界説明会により就活スケジュール感を持たせ、インターンシップ選考・適性WEBテスト・履歴書作成・コロナ渦におけるオンライン面接に関する対策講座により就活実践力を高めます。
  • 進路先:大学院
  • 進路先:学部

2021年3月末現在

主な就職先(実績)

建設業
大林組/鹿島建設/清水建設/大成建設/竹中工務店/長谷工コーポレーション/戸田建設/前田建設工業/安藤ハザマ/三井住友建設/フジタ/熊谷組/西松建設/東急建設/鴻池組/高松建設/奥村組/鉄建建設/青木あすなろ建設/東鉄工業/飛島建設/ピーエス三菱/松井建設
設計・コンサル業
NTTファシリティーズ/日建設計/三菱地所設計/日本設計/久米設計/JR東日本建設設計事務所/山下設計/梓設計/佐藤総合計画/松田平田設計/安井建築設計事務所/大建設計/石本建築事務所/横河建築設計事務所/伊藤喜三郎建築設計事務所/日本工営/パシフィックコンサルタンツ/建設技術研究所/八千代エンジニヤリング/オリエンタルコンサルタンツ/日水コン/国際航業/ニュージェック/いであ/東電設計/大日本コンサルタント/長大/オオバ/東京建設コンサルタント/アジア航測/日本港湾コンサルタント/日本ERI/昭和設計
住宅・不動産業
大和ハウス工業/積水ハウス/住友林業/旭化成ホームズ/セキスイハイム/ミサワホーム/一条工務店/パナソニックホーム/オープンハウス/三菱地所ホーム/タマホーム/野村不動産/住友不動産/三井不動産/スターツ/山万/伊藤忠アーバンコミュニティ/東急ホームズ/ポラス
海洋・海洋建設関連業
五洋建設/東亜建設工業/東洋建設/不動テトラ/深田サルベージ建設/ジャパンマリンユナイテッド/日立造船/三井E&S/三井海洋開発/JFEエンジニアリング/日揮HD/千代田化工建設
設備関連業
新菱冷熱工業/高砂熱学工業/新日本空調/関電工/タカラスタンダード/能美防災/YKK AP
公務員
国土交通省/経済産業省/財務省/防衛省/水産庁/東京都/千葉県/神奈川県/埼玉県/茨城県/山梨県/静岡県/石川県/広島県/佐賀県/長崎県/沖縄県/東京都教育委員会/東京23区/札幌市/仙台市/さいたま市/千葉市/川崎市/横浜市/名古屋市
その他
都市再生機構(UR都市機構)/海洋研究開発機構(JAMSTEC)/漁港漁場漁村総合研究所/東京電力HD/日本原子力発電/東日本旅客鉄道/NTT/ソフトバンク/大王製紙/栗田工業/乃村工藝社/日本郵政/ゆうちょ銀行/オリエンタルランド
  • 大学院進学

    横田 拓也
    横田 拓也
    よこた・たくや
    博士後期課程
    鉾田第一高等学校(茨城)出身

    私は幼い頃から海や湖などに訪れる機会が多く、水辺に親しみがあり、将来は海にかかわる仕事がしたいと考えていました。その中で海洋建築工学科を選んだのは、建築分野と海洋分野の両方を学ぶことのできる教育環境に魅力を感じたからです。入学後は海洋建築分野の中でも、海岸やその背後地などの沿岸域の環境保全に興味を持ち、卒業研究では風によって砂が移動する現象(飛砂)による、海岸背後地での地形変化についての研究を行いました。その後、自らの専門知識を深め、それを活かした仕事がしたいと思い大学院に進学し、現在は海岸および背後地の地形変化を一括して予測できる地形変化予測モデルの開発を行っています。将来は国内外の沿岸域の地域計画に携わり、そこに住む多くの人を幸せにしたいという目標を持ち、日々研究を行っています。

  • 就職

    山下 和浩
    山下 和浩
    やました・かずひろ
    株式会社 竹中工務店
    東北支店作業所勤務

    入社1年目は大阪本店勤務となり、新入社員約200名と共に寮生活を送りながらジョブローテーションを経験し、その中でも地上200mを誇る超高層ビル建設に携わってきました。入社2年目以降は東北支店配属となり、震災復興事業として大規模病院施設の新築工事に携わっています。海洋建築という特殊なフィールドで学んできた経験があったからこそ物事を広い視野で捉えることができ、多様な知識・ノウハウが求められる施工管理業務においても臨機応変に対応できています。

PAGE TOP