制度・施設の紹介

留学・研修制度の紹介

海外研修旅行

毎年、当学科が独自に実施しているこの企画は、希望者を募って欧州の先進的・歴史的に著名な海洋建築事例を視察します。学生の見聞が広められるよう、優れた感性が育まれるよう、学科の引率教員が現地で、海洋建築事例のさまざまな見方・味わい方をレクチャーします。


留学

日本大学では、海外22か国・1地域、103大学・機関と学術文化交流協定を結び、教職員・留学生の交換、共同研究、学生の短期研修、学術文化の交流などが活発に行われています。とりわけ理工学部は、現在5か国、7大学と学術交流覚書を結び、その規模、内容において、日本大学全体の中でも高い評価を受けています。

理工学部で海外交流を体験することで、学問に関するより深い知識を得るとともに、世界の文化を肌で感じとることができ、国際化社会に対応した能力を養えます。

【学部提携校】 西安建築科技大学、西安理工大学、ミネソタ大学(工学部)、フィリピン工科大学、ダルムシュタット工科大学、全北大學校(工科大學)、韓国海洋大學校(海洋科学技術大學・工科大學)


語学研修

理工学部では毎年夏季休暇中に、教職員引率による海外語学研修を行っています。3週間の語学研修をするもので、過去26年間に1,186名以上の学生が参加しました。

研修先は、ブリティッシュ・コロンビア大学(カナダ)とケンブリッジ大学(イギリス)で、2007年度は約30名の学生が選抜されて参加しました。

このページのTOPへ戻る